Shibuya.lisp Technical Talk #2に行ってきた

[Written by たろう]
lisp好きな方々がいろいろお話をするイベントShibuya.lisp Technical Talk #2に興味だけで(Lisp関連の知識は少なめで)えいやっと参加してみた。

…ここ最近、この手のイベントに参加していなくて、参加したいなーという気持ちとClockworksを作って以来興味だけはずっとあったLispのイベントということで、結構勢い的な参加表明をしたのが、約1ヶ月前。それから当日まで専門的な話についていけなかったらどーしよーとやや不安になりつつ参加したのですが、なんとかついていけて面白かった。
以下、雑感…といっても各発表の感想ではなく、いろいろな方のお話を聞いて思ったことつらつらと…

・参加者含め、結構言語マニアが多い気がしたんですが…懇親会でもLispにとどまらずいろんな言語の話で盛り上がっていました
・発表していた方々は「80%を詰めていく方々」が多いなぁとも思ったり
…あ、「80%を詰めていく方々」ってのはパレートの法則(20%/80%のアレ)で80%から100%近づけるためにかけるコストを惜しみなく使う方々って感じのイメージです。
0%から80%までの品質であれば20%ぐらいのコストでできるが、そこから上を目指すには残りの80%を費やさないと近づけないというイメージをパレートの法則に個人的には持っているのですが、その80%のコストを惜しみなく使って、100%に近づけようとしているなぁという印象がすごくありました。
・逆に20%で満足して、先に行かない人はLisperになれないんだろーな(謎)…多分、僕はLisperになれずに終わりそうだなぁ…(弱気)
・Technical Talk自体はどれも話の全体像は分かる程度には聞けたのですが、懇親会で偏った濃い話にはちょいとついていけず…zoon
…まあ、次回の#3が7/4ごろらしいので、それまでにはSICPと実践CommonLispをもう少し読み進めよう(現在両方とも0%に近い状態aka)

ひとまず、そんな感じ。
(気が向けば、追加するかも)
tags:
[2009-03-01 17:19:39]


Comment


(このNoteは書き込みから約半年以上経過したためコメントFormを非表示しています)

Zenback