Wikiと「目的を達成させるデザイン」

[Written by たろう]
目的を達成させるためにツールや手法があるんだけど、それらのツールや手法は「目的を達成させる」ことに特化したデザインになっているから、多くの人が使っても目的を達成できる。
じゃあ、Wikiは目的を達成できるデザインになっているのだろうか?
Wikiがもつデザインは何をするのに向いているのだろう?
(もちろんそのデザイン以外の用途に使ってもかまわないが、それはそれってことで)
tags:
[2007-10-30 13:03:26]


Comment

  • shino--Wikiは目的を達成できるデザインを、アジテーターがまずデザインするという自由さがあるツールです。[2007-10-30 13:47:54]
  • shino--んで、アジテーターがそのデザインに失敗すると、いつまでたっても、Wikiはみんなに利用されない。アジテーターにべったりしちゃう存在になっちゃう。[2007-10-30 13:48:53]
  • shino--あと、アジテーターは、扇動するわけですから、扇動というプロセスをもデザインしなくてはならないなぁ、と。[2007-10-30 13:49:41]
  • たろう--ただ、アジテータが常にいるとは限らないわけで、「システムデザインに組み込まれたWiki(のようなもの)」がそろそろ必要ではないのかと[2007-10-30 14:05:42]
  • たろう--「Wikiを使うならアジテータになれ」というのはある意味無茶だと思うのです…だから、デザインに組み込まれた「アジテータ不要のWiki」がいるのでは?ってとこでしょうか[2007-10-30 14:08:09]
  • たろう--エンタープライズWikiとやらも同じ問題をはらんでいると思うんだけどなぁ…[2007-10-30 14:10:13]
  • shino--結局は人が使うものですから、なんらかの人の介在は必要だとわたしは思います。[2007-10-30 18:28:24]
  • たろう--なんらかの人の介在は必要だと思いますが、その「なんらかの人」に常に「目的達成のためのデザイン」を求めてしまうのは厳しいかなぁ…ということです[2007-10-30 20:16:06]
  • たろう--逆に言うと「目的達成のためのデザイン」ができないとWikiでうまく回せない…「目的達成のためのデザイン」が分かっている人が抜けるととたんにそのWikiは失速するという状況になるのかなー[2007-10-30 20:18:04]
  • たろう--特に人が入れ替わり、管理者が引き継がれる集団のWikiはちゃんと「目的達成のためのデザイン」できる人に引き継がないとWikiは失速してしまう[2007-10-30 20:19:04]
  • たろう--失速しないようにするには「目的達成のためのデザイン」がある程度システム組み込みになっている必要がある…つまりは「目的別にWikiを用意する」ということなのかもしれない[2007-10-30 20:20:10]
  • たろう--…と考えるとWikiに足りないのは「おもてなし(ユーザーエクスペリエンス)」なのかなぁと思ったり[2007-10-30 20:44:45]
  • shino--目的達成には段階があって、各段階で誰がどうふるまうか、というのを踏まえる必要もある気がします。[2007-10-30 21:18:11]
  • shino--なんとなく、時系列にそってダイナミックにデザインは変わって行くと思うのですが、既存のツールのほとんどは、デザインが固定化してて途中からの変更についていきずらいという欠点もあるような気がします。[2007-10-30 21:20:09]
  • shino--ただ、一方、Wikiはそのデザインを変える機能はあるのですが、それを使いこなせるユーザは少ないですね。[2007-10-30 21:21:40]

  • (このNoteは書き込みから約半年以上経過したためコメントFormを非表示しています)

    Zenback