Tumblrをやってみて思ったことをつらつらと…[日々是ことば拾い]

[Written by たろう]
とはいえ、数日程度ですがね。

実は最初「やっぱりTumblrはWikiではない」とかいうタイトルにしようかと思っていたのですが、あまりにも特定方向に向けた釣りな感じで、釣りたくないものも釣れてしまうのがいやなので、差しさわりのないタイトルにした。

この前、とあるところで「TumblrはWikiだ」的な発言を聞き、reblogが楽しいという発言を聞き、ちょいと興味がわいてきたのでTumblrを始めて、なんとなく眺めていたら、確かにreblogはWikiっぽい書き込みになっていることが多いので、その点を指して「TumblrはWikiだ」的発言が出たのであれば、なるほどそう思うかもと思ったりした。
が、それでいうとmixiの掲示板をGreasemonkeyを使ってWikiっぽく表示していたのも同等にWikiといえそうな気がする。

かなり抽象的な感覚で話を書いているのだが、上記で「Wikiたらしめているもの」はシステムではなく、利用者のような気がする。
あるコンテンツに対してreblogして編集して、他の人がまた編集したものをreblogして…という使い方をしているのは、そういう使い方が出来る人で、そうじゃない人はClipの延長でしかreblogという機能を使っていない感じがする。(特にTumblrの画像方面はClipしあっているだけの傾向が強く見える)
ということで数日だけTumblrをみた上での感想としては「TumblrはWikiではない、一部のTumblrユーザがWikiっぽく利用している」である。

「WikiをWikiたらしめているのは、システムよりも利用者である」というのをさらに発展して考えると、この前のWikiばなで挙がった「失敗Wiki」も同じことが言える。
結局コミュニティにWikiのシステムだけ入れても、Wikiは活発にならない。逆にWikiじゃないシステムを使っても、そこの利用者がWikiぽく使えば活発なWikiに見える。
どちらも「Wiki」って呼んでよいなら「TumblrもWiki」と言ってもいいし、文脈次第では僕自身「TumblrもWiki」というかもしれないが、Wikiについて考える場合はそこは整理すべき部分で、「やっぱりTumblrはWikiではない」と思う。
tags:
[2007-12-13 12:01:43]


Comment

  • shino--うん。そうだと思いますよ。Wikiはわたしはツールではなくて、プロセスだと思っているので。どういう方向から捉えるか、という前提の相違だと思います。[2007-12-13 16:51:15]
  • shino--あと、わたしとしては、Tumblr=Wikiとも思ってなくて、Tumblr≒Wiki。TumblrではWikiにおいつかない部分、逆にWikiにあるといいものもあって、その違和を探っていくと、Wikiにフィードバックできるのかなぁ、とも、思っています。[2007-12-13 16:55:28]
  • たろう--個人的には「Tumblr≒Wiki」も文脈依存だな…とは思いますが、さておき、Wikiの持つ意味の範囲を切り分けて考えていかないと「Wikiにおいつかない部分」とか「Wikiにあるといいもの」というものの話にずれが出てきそう[2007-12-13 18:09:18]
  • たろう--Wikiの解釈を違えたまま、「Wiki」という単語だけで話を進めるのは回避したいので、「Tumblr≒Wiki」という部分だけ取り出すのではなく、状況とあわせてTumblr≒Wikiとは言いたい[2007-12-13 18:16:16]
  • たろう--そーいえば、「Wikiたらしめるもの」で思い出したもの>「Wikiっぽい。(Note:2775)」…まあ、関係ないといえば関係ないけど想起したのでリンク[2007-12-13 18:27:45]
  • たろう--あーでも、そもそもTumblrのReblogがまだ分かっていないところはあるな…多分Wikiじゃないところの面白さとかそういうのはありそう[2007-12-13 19:01:00]

  • (このNoteは書き込みから約半年以上経過したためコメントFormを非表示しています)

    Zenback