PDAの役割[日々是ことば拾い]

[Written by たろう]
ちょいとあちことのW-ZERO3の感想をみたりして、いろいろ考えたこと。

PDAと呼ばれていた端末はスマートフォンに追いやられつつあるなぁ…と今回のNewsで思った。
PDAはPIM情報の端末から小さいコンピュータに変化してきた。
その変化したPDAが通信端末と融合してスマートフォンになってきた…と考えると、「追いやられた」というのはちと違うかもしれない。

でも、「PIM情報の端末」だったPDAはどこに行ったのだろう?
僕が欲しかったPDAは「PIM情報の端末」が欲しかったのだが、どんどん違う方向に向かっていった。
おそらくPDA熱が冷めていったのは、求めていた方向と違っていたというのもあるかもしれない。

Webアプリ作りで遊んでいる関係で、それにアクセスできる端末ということで今回のウィルコム端末自身は興味深いんだけど…
っていうか、京ポン2とW-ZERO3のどちらにしようかと悩んではいるんだけど…
それはそれとして、「PIM情報を複合的に管理できる端末」って出ないのかなぁー

まだまだ「PIM情報を複合的に管理できる端末」としてのPDAを求めている人は多くいると思う。
でも、「PIM情報を複合的に管理できる端末」というのは、技術力うんぬんではなく、情報管理の方法だとか、関連情報の抽出だとか方法論・ノウハウを体系化したシステムが作れるかどうかだから、メーカは手を出しにくいのかもしれない。
紙の手帳と一緒で中身的には変わらない(紙の場合、容量の関係で買い替えが発生するけど)から、なおさら手を出しにくいだろうし…
でも、出て欲しいなぁ…
tags:モバイル:つらつらと:
[2005-10-20 22:35:57]


Comment


(このNoteは書き込みから約半年以上経過したためコメントFormを非表示しています)

Zenback