ScrapのParts書式とPlugIn書式とS式書式の融合[taro:Memo]

[Written by たろう]
System:PlugInページに
Name:PlugIn名
Text:プログラムソース(S式かな?evalのもアリかな?)
と書くと、

#PlugIn名:引数1:引数2…#
という書式でプログラム実行結果に置き換えてくれる。

PlugInと開始文字列と終了文字列を関連付けて登録すると
開始文字列+任意文字列+終了文字列を#PlugIn:任意文字列#として解釈する
これってうまく拡張できるように実装すればBracketName自身も定義できる?

ClockworksのS式命令:(read-line 行番号) ただし、S式内の改行は無視(1行分として出力)
ClockworksのS式命令:(Page.method) Page内にdefineで記述された命令を呼び出し実行する。
実行するには事前に(import Page)が必要

ClockworksでSearch:Text.2のように.で引数を複数指定
→.でsplitをかければ現状でもある程度可能

Scrapの書き込みFormの拡張(Note書き込み、パーツの組み合わせができるようにするとか、日付を自動挿入するとかカスタマイズできるといいな)
tags:
[2004-08-18 20:34:39]


Comment


(このNoteは書き込みから約半年以上経過したためコメントFormを非表示しています)

Zenback