Manual:AutoBracket

TopPage
Download
Index

コンセプトのような文章…駄文傾向。
コメント…ご意見とか

まあ基本的っぽい機能説明

書式
FaceMark
InterWiki
外部PlugIn

Clockworks独自な機能説明

S式プラグイン
MetaWord
ActionKeyword

AutoBracket

書き込み処理
追記位置指定記号
TemplateWord

おおざっぱな解説

別名:似非AutoLink
テキストをDBに書き込む際、すでに存在するWord/Linkに登録されている単語を走査して自動でBracketを付ける機能です。

このWikiEngineは表示時に自動で登録Word文字列にリンクを張る、いわゆるAutoLink機能はありません。
代わりに、このAutoBracket機能でぱっと見AutoLinkのように見せています。

編集時に「AutoBracket」チェックを入れて更新を行うと自動でBracket処理を行います。
#Bracketで囲む文字列走査の処理が甘いので、変な部分をBracketで囲んでしまう場合もありますが…:p
もし、リンクさせたくない場合は、再度編集画面を開き、今度はAutoBracketにチェックを入れずに該当Bracket部分を削除してください。

AutoLinkの利点と欠点から、「(一応)自動でリンク処理をし、リンクさせたくない部分は別途修正できる」ような機能は結構バランスよくできていると思うのですが…
Clockworks
HTML convert time to 0s